ジェネッタ

ジェネッタ猫について

ジェネッタの要約

  • 体長: 4〜12インチ(10から30㎝)
  • 体重: 4-8ポンド(1.8~3.6kg)
  • 寿命: 12  16年
  • 体格:痩せ気味、筋肉質
  • 最適な用途: 猫を愛する家族や、知的で活動的で注目を集めるペットに専念する時間のある独身者?
  • 同等の品種: ベンガル、マンチカン

ジェネッタ品種の歴史

ジェネッタ(Genetta)は、Pawstrukの猫ブリーダーによっていまだ開発途中の新しい猫の品種です。これは、短い脚と大理石または斑点のある毛皮を特徴とするように飼育された矮性(わいせい、つまり小さいまま成熟するという意味)の品種です。そしてその毛皮のパターンのために、この小さな猫は外見がアフリカのジェネット(African genet)に似ています。

このユニークな品種は、2006年にシャノン・カイリーによって開発されました。彼女は、ジェネットを所有したいが、さまざまな理由でジェネットを入手できないあるいはジェネットの外観に従順な気質の内面が欲しい、エキゾチックな動物愛好家たちを満足させる新しい猫を作成することを考えたのです。シャノンが新しい品種の基礎として使用される猫を選択するのにしばらく時間を費やし、ジェネッタの最初の子猫が生まれたのは2006年12月13日でした。

ジェネッタ猫は野生のアフリカジェネットのように見えますが、これは飼い猫であり、この品種の作成にアフリカジェネットは使用されていません。代わりに、この品種はサバンナ、SBTベンガル、マンチカンを交配することによって開発されました。

今日、ジェネッタのブリーダーは、TICA(国際猫協会)による登録の取得に取り組んいます。将来的には、主要な猫の登録簿でその品種が認識されるようにすることが目標です。

ジェネッタの性格

ジェネッタ猫は、エネルギッシュで、遊び心があり、愛情深い猫です。彼らはアクティブであることを楽しんでおり、ボールを投げれば取ってくる犬がするような遊びをすることさえあります。彼らはフレンドリーな猫なので、素晴らしいペットとなり、犬を含む他の動物と仲良くすることもできます。

こうした機敏でとスマートな子猫は同時に飼い主の愛情深い世話と気遣いをたくさん必要とします。彼らは飼い主との関わりを常に求めてきますので長い時間放っておいてはいけません。

ジェネッタの外見的な特徴

マンチカンはジェネッタ猫の繁殖に使用されますが、足の短いジェネッタがこの品種の「標準」と見なされ、足の長い猫は「非標準」と見なされます。

ジェネッタの頭は幅よりも長く、狭いくさび形を形成し、頭蓋骨が猫の耳を越えて湾曲し、首の外観を引き延ばします。耳は丸くて大きく、耳の先端は根元より少しだけ小さく目は大きくて少し傾斜しており、あごは弱く、鼻は広くて大きく、首は細くて長い特徴を持っています。

ジェネッタの太い尻尾は、毛皮のおかげで膨らんだ外観になり、長くなければなりません(できれば体の長さよりも長くなります)。足は楕円形で小さく、体は長くて管状であると言えますが、長くてしっかりした細い筋肉を持っています。ジェネッタはイタチのような外観をしているとさえ説明することができます。

ジェネッタの色

ジェネッタは、いくつかの異なる毛色を特徴とする可能性があります。これらには、雪の斑点、銀、茶色、および黒が含まれます。また、茶色、チョコレート、銀、シナモン、黒、または雪の色の大理石のパターンをスポーツするジェネットを見ることができます。

Genettaの目の色には、緑、琥珀色、濃い茶色が見られます。

グルーミングについて

脱落の少ない猫の品種を探している人はジェネッタはいいようです。なかでも血統にベンガル種の割合が高い場合は、毛皮のような滑らかでタイトなコートが特徴であるため脱毛量が最も少なくなるようです。

全体として、Genettaのグルーミング要件は最小限です。週に一度ブラッシングすることであなたのジェネッタを健康に見せ続ける手段として十分であるはずです。

manchikan
マンチカン
出典:にゃんペディア

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。